WordPress子テーマの作成(親テーマスタイルシート読み込みはfunctions.php)

/*
Template:●●●●●●
Theme Name:○○○○○○_child
*/

  • 「Template」 : 親テーマのディレクトリ名 ※必須 ※テーマ名ではなくディレクトリ名
  • 「Theme Name」 : 子テーマの名前 ※必須

以下任意

Theme URI:子テーマのURI(ある場合は設定する)
Description::子テーマの説明
Author:子テーマの作者
Version:子テーマのバージョン

※@import: は使用しない。

親テーマスタイルシート読み込みcssの場合(過去)

@import url('../●●●●●●/style.css');

親テーマスタイルシート読み込みfunctions.phpの場合

add_action( 'wp_enqueue_scripts', 'theme_enqueue_styles' );
function theme_enqueue_styles() {
    wp_enqueue_style( 'parent-style', get_template_directory_uri() . '/style.css' );
}

WordPress子テーマの作成で親テーマスタイルシート読み込みはfunctions.php。

親テーマと子テーマのスタイルシートをキューに入れます。以前は @import: を使用して親テーマのスタイルシートをインポートしていましたが、これはもはや良い方法ではありませんので注意してください。親テーマのスタイルシートをキューに入れる正しい方法は、子テーマの functions.php で wp_enqueue_script()を使用する方法です。したがって子テーマには functions.php を作成する必要があります。子テーマの functions.php の最初の行は、PHP の開始タグ () で始め、続けて親テーマと子テーマのスタイルシートをキューに入れます。

≪参照URL≫

子テーマのスタイルシートは、通常は自動的に読み込まれます。そうでない場合は、同様にエンキューする必要があります。↓ ※参照ページ

<?php
add_action( 'wp_enqueue_scripts', 'theme_enqueue_styles' );
function theme_enqueue_styles() {
    wp_enqueue_style( 'parent-style', get_template_directory_uri() . '/style.css' );
    wp_enqueue_style( 'child-style',
        get_stylesheet_directory_uri() . '/style.css',
        array('parent-style')
 


   );
}

 

日本語化ファイルの追加

<?php
/**
 * 子テーマのテキストドメインのセットアップ
 *
 * 子テーマのテキストドメインの宣言
 * 翻訳は /languages/ ディレクトリに置く
 */
function my_child_theme_setup() {
    load_child_theme_textdomain( 'my-child-theme', get_stylesheet_directory() . '/languages' );
}
add_action( 'after_setup_theme', 'my_child_theme_setup' );
?>

ja.mo(編集用ファイルja.poは不要)

 

※親テーマにより上記で不可の場合の対処方法(○○○○○・・・親テーマのテキストドメイン)

load_theme_textdomain( '○○○○○', get_stylesheet_directory() .'/languages' );

 

load_theme_textdomain(
    '○○○○○',
    dirname(__FILE__).'/languages'
);

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました