2019年4月1日より楽天のアフィリエイトサービスを改定されました。大まかな変更点を紹介します。

クリック後の有効期限

成果の有効期間がアフィリエイトリンクをクリック後、24時間内に商品を楽天の「買い物かご」に入れ、
クリック後89日以内に購入を完了した場合になります

アフィリエイトリンクをクリック後、30日以内に購入、予約、申込までを完了した場合に成果発生。

アフィリエイトリンクをクリック後、24時間内に商品を楽天の「買い物かご」に入れ89日以内に購入を完了した場合に成果発生。

一見30日以内が89日以内に伸びたと思われがちですが問題は24時間内に「買い物かご」に入れなければいけないということ。

また、改定前はアフィリエイトリンクがクリックされる前にカゴに入っていた商品でも、アフィリエイトリンククリック後、決済されれば、アフィリエイトの対象となりました。

しかし新制度ではアフィリエイトリンクがクリックされた後にカゴに入れられた商品のみがアフィリエイトの対象です。

旧制度ではクリックから30日以内とクッキーの保持期間が長かったため、アフィリンクをクリックしてもらえれば30日以内に別の商品の購入でも報酬が発生するラッキー率が高めでした。

高倍率競争が無くなった

旧制度では各ショップごとに料率1%~、パートナーランク別の料率が適用されていました。

4月1日以降の新制度からは売れた商品のジャンルに応じて、2%~8%の料率が適用となります。

各ショップのランクに応じた料率設定が廃止され、各パートナーへの料率ランクの付与もなくなりました。

新制度ではジャンル別料率のみが適用されます。

一見1%が2%~8%になったので良くなったと思われがちですが、1%というのは最低料率でポイントを5%~20%に設定しているお店も多く、50%などにしている店舗もありました。

結果は報酬ダウンと考えるべきだと思います。

上限が設けられた

成果報酬は1商品1個の売上につき1000ポイントを上限とします。1商品1個の売上につき1000ポイントまでの成果報酬には上限は適用されません。

1商品についての上限が設けられました、高額な商品が売れても上限1000円、これも報酬ダウンと考えるべきだと思います。

報酬料率 商品カテゴリ
8% ジュエリー・アクセサリー、食品、インナー・下着・ナイトウェア、水・ソフトドリンク、日本酒・焼酎、靴レディースファッション、バッグ・小物・ブランド雑貨、メンズファッション、スイーツ・お菓子、ビール・洋酒
5% 美容・コスメ・香水、ペット・ペットグッズ、医薬品・コンタクト・介護、ダイエット・健康
4% スポーツ・アウトドア、花・ガーデン・DIY、キッズ・ベビー・マタニティ、カタログギフト・チケット
3% キッチン用品・食器・調理器具、日用品雑貨・文房具・手 芸、本・雑誌・コミック、インテリア・寝具・収納、ホビー、サービス・リフォーム、おもちゃ・ゲーム、住宅・不動産
2% 車用品・バイク用品、腕時計、TV・オーディオ・カメラ、パソコン・周辺機器、スマートフォン・タブレット、家電、CD・DVD、楽器・音響機器、車・バイク、デジタルコンテンツ、光回線・モバイル通信、その他のジャンル

上記商品カテゴリーに含まれない商品に関しては、紹介料率2%。

プレミアムパートナー

楽天ではプレミアムパートナーという制度があります、これは楽天アフィリエイトが認定する人気ブロガーに、店舗様から商品を無償でご提供いただき、ブログ記事で紹介してもらうこと。

プレミアムパートナーには新制度でも「特別料率」が利用可能になるようです。

申請開始→2019年7月1日~
新制度でも「特別料率」の利用可能、提供する「商品ジャンル」だけ設定可能に

経過措置

経過措置期間:   2019年4月1日(月) ~ 2019年6月30日(日)

パートナー向けの適用ルール:    2019年4月1日より新ルールでの成果報酬を適用

店舗様向けの適用ルール:      上記の3カ月間、現行ルールを継続(料率は1%のままとなります)
※アドバンス料率、特別料率は上記現行ルール期間下は設定できません(1%となります)

【重要ポイント!】
今までアフィリエイトを最低の1%に設定していた店舗は3カ月間経過後はジャンル別料率(最高8%)が成果報酬となります。楽天では「成果報酬」+「アフィリエイトシステム利用料」がかかりますので負担が益々大きくなりますね。

まとめ

現在、アフィリエイトをお願いする立場、アフィリエイトを行う立場、両方に携わっています。

一ヶ月経過時点での新料率はお店側ではアフィリエイト負担は減りましたが売り上げも落ちました。アフィリエイト料率をアップしてアフィリエイト経由の売り上げが多かった店舗には今回の改定は売上ダウンになります。

そしてアフィリエイトを行う側でも売り上げが落ちました。

アクセスが増える記事を書いてモーションウィジェットなどでラッキーを狙うという方法は新制度では難しくなります。アクセス数で売り上げを稼ぐブログは報酬が減る、商品の購買意欲をそそる記事があるブログは報酬が上がる、そういう傾向がどんどん強くなると思います。

ただ、全体的に考えると楽天のアフィリエイターが激減、そして楽天全体の売り上げも下がるのではないかと思います。

特にアクセス数で売り上げを稼いでいたブログは間違いなく楽天のバナーを他のバナーに変えていきます、楽天側もそれは想定内だと思いますがどうなるでしょうか・・・。

 

ブログでのアフィリエイトは堂々と

 

 

スポンサーリンク