フォントの種類は「font-family」で指定しますがこれが意外に迷います。指定によってはWindowsとMacで異なるフォントが表示されるので「イメージが違う」と指摘されたりします。

そこで「font-family」の基本をまとめておきます。

ゴシック体の基本

ゴシック体の基本は

font-family: arial,sans-serif;

Googleのフォント設定です、英数字は「arial」、日本語はWindowsは「メイリオ」、無ければ「MS Pゴシック」、Macは「ヒラギノ角ゴシック」、無ければブラウザ標準フォントで表示されます。

WindowsもMacも同じにしたい

WindowsでもMacでも日本語を同じフォントにしたい場合は「游ゴシック」を使います。

font-family: “游ゴシック Medium”,”Yu Gothic Medium”,”游ゴシック体”,YuGothic,sans-serif;

英数字を指定したい場合は

font-family:arial,”游ゴシック Medium”,”Yu Gothic Medium”,”游ゴシック体”,YuGothic,sans-serif;

font-family:Verdana,”游ゴシック Medium”,”Yu Gothic Medium”,”游ゴシック体”,YuGothic,sans-serif;

など先頭に英数字に指定したいフォントを入れます。

 

スポンサーリンク