楽天やヤフーショッピングでお店のスマホページを自動で作成してくれるサービスはいろいろあります。

この種のサービスは有料ですので「利用する」、「利用しない」はお店次第、サービス内容もすばらしいと思います。

ただ、ここのところスマホページ自動作成サービスを解約したのでスマホページを変更するという仕事が多くなっています。

これは「PCページとスマホページの情報を同じ」にするという流れなんでしょうか、それとも売り上げは変わらなかったということなのでしょうか・・・。

そしてもうひとつ、PC、スマホサイトでの「ひとけ・・・」「賑わい・・・」「ランキング・・・」などの「にぎわい演出の販促ツール」サービス。

こちらも辞めるお店が多い、「うちの店は売れてますよ~」という演出なんですが、あまり過度な宣伝も嫌われるようです。

ネット通販に対してのユーザー目線が時代とともに変わってきているのかもしれません。

 

楽天ショップもレスポンシブ化へ<楽天GOLD>