iframe要素、embed要素、video要素、object要素で使える。

利用方法

  • class属性にembed-responsiveを指定したdiv要素を用意する。
  • 16:9のアスペクト比の場合、1のdiv要素のclass属性にembed-responsive-16by9を追加する。
  • 4:3のアスペクト比の場合、1のdiv要素のclass属性にembed-responsive-4by3を追加する。

 

 

スポンサーリンク